受入れの流れ

受入れの流れ

  1. まずは当組合の傘下企業になって頂き、求人情報(人数、雇用条件等)をお伺いします
  2. 現地の送り出し機関に求人依頼をします
  3. 現地送り出し機関より、技能実習生の所属企業へ募集をかけます
  4. 募集条件に基づき、実習生からの求職を受け付けます
  5. 現地にて、直接採用面接をして頂き、内定者を決定します(内定者は入国までの約3か月間は現地日本語学校で勉強します)
  6. 外国人技能実習機構に対し、技能実習生の「計画認定申請」を行います
  7. 外国人技能実習機構より、計画認定証明を取得します(約2~3ヶ月)
  8. 入国管理局に「在留資格認定証明書」交付申請を行います(約2週間)
  9. 入国管理局から、在留許可を取得した後、現地大使館でVISA申請をします(約10日間)
  10. VISA取得後、入国
  11. 合講習(1か月間)
  12. 傘下企業へ配属

※求人から入国まで、約半年間かかります。

現地面接の様子

技能実習生候補者たちに会社の概要、雇用条件、実習内容をよく説明した後、面接を行います。また、面接時に実習生たちからの要望もヒアリングし、ミスマッチを防ぎます。

家庭訪問の様子

希望があれば時間が許す限り内定者の家庭訪問を行い、実習生の家族にも安心してもらえるようにコミュニケーションをとります。

  • <実習生の自宅>
  • <実習生の自宅>
  • <ベトナムの家庭料理>

講習施設の様子

  • <教室>
  • <ダイニング>
  • <寝室>

講習施設の様子

  • <行政書士による法的保護講習>
  • <警察による交通安全講習>
  • <授業の様子>